起業したいならズバリ「成長期」を狙え!

九州を中心にYouTube支援をしている西です。
今回は僭越ながらビジネスの話をさせていただきます。

スポンサーリンク

ビジネスはタイミングが命!

皆さんは自分がやりたいビジネス案を持っていますか?
私はあります。
ただ、いつも思うのが、「いつ始めるのが一番良いんだろう・・・」です

ビジネスは
第一にタイミング、第二にタイミング、第三にタイミングと言われています。

どんなにビジネス案がしっかりしていても、タイミングを間違えれば
茨の道を歩む恐れがあるのです。

ではどんなタイミングで始めれば良いの?

(画像引用元:株式会社プラスワーク HP)

皆さんは「成長カーブ」というものをご存知でしょうか?
これは、事業の市場浸透度と期間をグラフ化したもので
大きく分けて、「導入」「成長」「成熟」「衰退」の4つに分けられます。

例えば今なら、

AIやIoTに代表されるIT業界や、東京五輪によるインバウンド効果が期待できる観光業界は成長期、
タクシー業界出版業界は、自動運転、ペーパーレスが今後進むと言われており、衰退期と位置付けられますかね。

この4期の中で、参入すべきタイミングはズバリ「成長期」です。

なぜ「成長期」を選ぶのか

どうせ事業を始めるのなら、「導入期」や「衰退期」を選択した方が良さそうですが
それでも成長期を選択する理由は2つ。

①その事業全体で得られる収益の約80%が成長期に集約している。 

②市場での価格がさほど崩れていない。

成熟期や衰退期になると、競争が激しく、ライバル会社も多いため価格が叩かれて
思ったように利益が得られないんです。

どうやって「成長期」を見極めるのか

成長期が良いのは分かった。でも、どうやって成長期を見極めるのか?
それは、「日々の情報収集」です。
SNSや新聞、TVなどなど・・・

常にアンテナを張っておくことが重要です。

特にツイッターはスピーディーに情報が入ってくるので
個人的にはよくチェックしています。

成長期が分からなければ成熟期を狙え!

とは言っても、見極めって難しいと思います。
そんな時には、「成熟期」を見つけましょう。
実は成熟期とは「次世代のはじまり」とも言い換えられます。

そして、もっと確率を上げるために
既存市場の隙間(ニッチ)を狙って起業するとなお良いです。

例えば、リサイクル市場。
総合リサイクル市場は、成熟期かもしれませんが
その中でも、厨房機器や事務用品などに絞った会社は成長段階と言えます。

成長期が分からなければ、成熟期産業の隙間を狙う。

なるほど・・・。

まずは粗利が高いビジネスを!

まずは、粗利が高いビジネスを軸に体力を付け、軌道に乗せてから、
段階を踏んで粗利が低い商材を加えていくのが大事です。

その中でも、ネットビジネスは粗利が高い事業だと思います。

私がYouTubeで稼ぐことをオススメしているのはこれが大きな理由です。

粗利が低いビジネスから始めると、資金面で立ち上がれなくなる可能性が高いです・・。

まとめ

ビジネスはタイミングが最重要です。
タイミングを見つけるために、日頃から情報にアンテナを張りましょう。
そして、

「偶然を偶然と思うな」

偶然だな・・・と思ったら、すぐそこに思わぬチャンスが潜んでいるかもしれません。

あなたがこの記事をご覧になったのも果たして偶然でしょうか・・・?

参考図書
著:神田昌典「成功者の告白」(講談社+α文庫)

スポンサーリンク
【無料eBOOK】あなたが何もしなくても、あなたのことが大好きなファンが集まり続けるWavee式集客法

YouTubeをただ動画で稼げるツールだと思っていませんか?

あなたがこれからWEB上で活動していく上で欠かせないファンを育てるツールです。

 

本書は弊社やクライアント様が実際に取り組み

・始めて3ヶ月で動画投稿のみで月間300万再生回数を集めた唯一無二の絶対的手法

・3ヶ月で登録者数1,000人を突破し、6ヶ月で10,000人の登録者を集めた禁断の手法

・登録者がファンとなり、半永久的にあなたの顧客となるLTV(Life Time Value)構築法

 

など、動画マーケティングの効果や、具体的な施策内容を0〜10まで余すことなく詳細に解説しているものです。

ぜひ、あなたのYouTube活動にもご活用ください。

人気記事Top5
おすすめの記事