最近YouTube側が収益化までの条件を変更したりなど動きを見せていますね。
これからは違法な方法では収益が取れないようになっていけばいいですね。

そこで、YouTubeで稼ぐために気をつけなければいけないのが、YouTubeの規約です。
動画自体の削除ならまだしも、アカウントの凍結
一人一つしか作れないGoogleアドセンス自体の削除なども十分あり得ます。

こうなってしまうと一生懸命に動画を作ってアップしていっても、
最終的に収益が0なんてことになってしまう可能性もあるのです。

YouTubeを副業として稼いでいくためにも、このようなリスクは最小限にしたいところ。

今日は主にどんな動画がYouTubeに上がっていて、削除されるような動画はどのようなものかについて触れていきたいと思います。

これからYouTubeを副業として稼いでいこうと思っている方は、ぜひ記事を参考にリスクを知った上で取り組んで見てくださいね!

▶︎現在アップされている主な動画のスタイル

1. 映像コンテンツの転載

TV番組やアニメ、DVDなどの映像をそのまま転載など

2. 音声コンテンツの転載

ラジオ番組などの音声流用など

3. キュレーション

様々な動画をまとめて1つの動画にしているもの

例)サッカーのスーパーゴールシーンのまとめetc

4. 完全オリジナル

YouTuberなどが自身で撮影、または作製した動画

▶︎削除されやすい動画とは?

ここで知っていて欲しいのは、
絶対に削除されない』動画というのは今の所存在しません。

規約といってもYouTubeは動画をシステムを使って管理しているため、
自動で動画を削除していっているんですね。

もし削除されたり、アカウントが消されても
異議申し立てを申告すれば復活する場合もあります。

 

ただ、よりリスクを最小限にするためにも前項であげた4つのスタイルの動画の中でも
映像コンテンツと音声コンテンツの転載は絶対にやめておきましょう!

 

転載はそもそも著作権を侵害していることなので、その行為自体が違法です!

ここでよくキュレーションと何が違うの?と言われることも多いですが、
テレビ番組なんかを見ていても、
「衝撃映像100連発!」
「爆笑映像、総集編!」
みたいな人の動画をまとめてる番組なんかもありますよね?
記事だとNEVERまとめのようなものです。

こういうものはキュレーションと呼ばれています。
キュレーション映像であれば今の所問題ありません。

また、引用した場合はきちんと「引用しましたよ」とわかるように表記することが大事です!

引用に関しては、
引用元を動画の説明欄に表記する
ことでかなりリスクを軽減することができます。

それでも削除される場合は、どちらかというと中身の映像に問題がある可能性があります。

YouTubeは広告収入です。
そのため、広告主やYouTube自体が広告を載せたくないと思う内容の動画だと削除対象になります。

例えば、過度の暴力的な動画流血している動画もの、
過激思想の動画アダルト動画などです。

簡単に再生回数が伸びそうだからといって、削除リスクの高い動画を載せることは決してお勧めできません。

ちなみに、BGMにフリー素材の音楽を入れるのはOKです。

【Youtube】自分にあったフリー素材音楽をダウンロードしよう!!

▶︎まとめ

いまだにTV番組などを丸パクリで転載している動画もありますが、なんども言いますが法律違反になるので絶対にやめましょう。

金稼げればなんでもいいじゃんとなってしまえば、それはビジネスではないですので。

YouTubeで副業するということは、YouTubeの仕組みをお借りするわけですので、自分自身のアカウントが停止するリスクを避けるというのだけではなく、マナーやルールを守って気持ちよく稼ぎましょう!

それでも十分稼げますので(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事