こんにちは。九州を中心にYouTube支援をしている西です。

突然ですが皆さん、YouTube Goってアプリ知ってますか?

 

今回は、つい先日YouTubeが新アプリ YouTube GO in Indiaを更新しました。
これについて記事を書きます。

 

「いやぁ、まだまだYouTubeの市場は拡大していく一方ですね・・・。」

YouTube Goとは?

YouTube Go(ユーチューブゴー)とは
一言で表すと、

「通信環境の良し悪しや、データ使用量の制限に関わらず
YouTubeを利用できるように最適化したアプリ」

です。

これまでに、世界約130ヵ国で利用されてきたYouTube Goですが、
この度、インドでもYouTube Goが本格的に利用できるようになりました。

YouTube公式ブログ

 

更新された新しいYouTube Goの主な機能

①地域のトレンドや、使用者の経験により最適な動画を自動でオススメしてくれる

動画のサムネイルをタップすると、プレビューが流れ
 利用者は、今すぐ閲覧をするか、ダウンロードをするかを選択できる。
 また、その際に発生するデータ量も選択ができる。

③データを使用せずに、近くの友人などに動画を共有できる。

④従来のYouTube Goよりも高品質な映像

⑤利用者の好きなチャンネルで新しく動画がアップされたときに更新通知をしてくれる
 
⑥共有をしやすいようなページデザインに変更。
 複数の動画を簡単に共有できるようになった。

 

特に②のメリットは大きいと思います。

 

インドの通信環境は悪い!!

IT技術の発展がめざましいインド

実は、通信環境がとても悪いんです・・・。

 

↓こちらがインド国内のインターネット利用者の割合を表したグラフ


(出典):ITU World Telecommunication/ICT Indicators Database, 2016

 

なんと!

2015年時点で全人口の約1.3%程度しかインターネットに触れていないのです。

 

ちなみに同時期(2015年)の日本では、普及率は約83%


(出典)総務省「通信利用動向調査」

 

実は、インドはまだまだインターネット普及率においては

後進国という位置付けであることが分かります。

 

街にWi-Fi環境は満足に整備されておらず、ネットをしたくても出来ない
そんな潜在的なネットユーザーが多くいると考えられます。

もちろん、インドだけでなく、
近辺の東南アジア諸国にも同様。

 

Googleは、社をあげて2016年頃からインドにて400ヶ所以上にも渡りWi-Fiスポットを設置するなど
精力的に技術支援をしてきており、
YouTubeGoもその一環と言えるでしょう。

 

インドの人口は約13億人

ご存知かと思いますが、インドの人口は中国に次ぐ世界第二位!
その数、約13億人です。
YouTube Goがインドに与える影響はかなり大きいことが分かると思います。

 

この度のYouTube Goのアップデートにより
インドでもYouTubeの認知度が確実に上がるでしょう。

今まで、劣悪な通信環境でYouTubeをまともに閲覧できなかった多くの潜在的ユーザーが
新たにYouTubeを利用し始めることは
私たち、クリエイターにとっては追い風です。

 

もちろん丸々13億人がユーザーとして増えるか、と言われると
必ずしもそうではありませんが、
世界のYouTube利用者数が今後これを機に増加するのは目に見えています。

15億人が利用するYouTube

YouTubeは世界で月間15憶人が利用する巨大プラットフォームです。
単純計算で地球上の約5分の1の人が利用していることになります。

 

これから、インターネット利用率の低い国や地域に対して

YouTubeとして、ではなく、

更に巨大組織であるGoogleとして普及を高める動きをしていくと思われます。

 

現時点では、全人口の約5分の1がYouTubeユーザーですが
裏を返せば、まだ5分の4は伸びしろがあるとも考えられます。

今後の動画広告市場の拡大も相まって、
まだまだYouTubeはその市場を世に広めていくでしょう。

まとめ

・2018年2月YouTube Go in Indiaが本格アップデート
・13億人が暮らすインドでYouTubeが更に拡大
・YouTube人口は増加
・YouTube市場が拡大
・クリエイターにとって追い風になる

以上

おすすめの記事