Yoshiです。
前回に引き続き、今回もVTuberについて触れていきたいと思います。

大手企業が参入してきているものの、小回りのきく個人にだって
まだまだ勝算があるVTuber界隈。

しかし、一体何をどうすればVTuberって始められるのか?

まずはあなたの三次元にある身体を二次元にするところからになるわけですが、
高価で特殊な器具が必要だったり、特別なスキルが必要なんじゃないかと、
諦めてる方も中にはいるはずです。

でも大丈夫。
あなたが思っているより技術は進歩し、それらは一般的になってきています。

今回は、なろうと思えば明日からなれるVTuberということで
VTuberになるための方法をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク

いや、そもそもVTuberになるメリットって?

とはいえ、この部分を改めて知っておかないといけませんね。

まず、知らない方のために書いておくと、VTuberとは
バーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber)」の略称になります。

バーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー、Virtual YouTuber、VTuber)は、
YouTuberとして動画配信・投稿を行うバーチャルアイドル。

2018年7月10日時点で、バーチャルYouTuberは4000人がおり、登録者数の合計は1270万人、
動画再生回数は7億2000万回に上っている。

いまいちピンと来ない数字かもしれませんが、ひとまずそこは置いといて。

まず一般的なYouTuberと大きく違うのは、
「動画の演者がデジタルキャラ」という点でしょう。

すなわち、顔出しをしないYouTuberということ。

炎上」なんて言葉も聞き慣れてきた昨今。住所の特定心無い誹謗中傷も不安要素となる中、
それでもYouTuberを目指したいという方にとっては、矛先がリアルの自分自身に向かないという点は
大きなメリットです。

加えて、現在では音声の変更も可能なため声バレをしないというおまけ付き。

それでいて、YouTuberと同等かそれ以上のポテンシャルでもって
収益化を見込めるコンテンツとなれば、今まで息を潜めていたYouTuber候補達が
こぞって進出し始めるのにも納得がいくわけです。

じゃあもしそこに、
スマホだけでなれるなんてメリットが加わったとしたら。

ちょっと興味が湧いてきませんか?

一般的な「PCでVTuberになる」としたら

比較をしてみたいので、まずは一般的な方法から。

実はPCを使うと、VTuberになる方法は多岐にわたります。

しかし、そのどれもが専門的に学ばないとわからないものばかり。
モーションキャプチャー用にセンサーを準備したり、
3D制作ソフトを扱えないといけなかったり…

そんな中、劇的にハードルを下げてくれた企業が居ました。

「ニコニコ動画」でお馴染みのドワンゴと、
北海道のシステム会社 インフィニットループです。

このバーチャルキャストを使えば、簡単にキャラクターに変身が可能で、
動画はニコニコ生放送の他、Youtubeやツイキャスでもライブ配信が可能なんだとか。

ただ、顔の表情を読み取ったり、手の動きを読み取るために
”VIVE”というVRゴーグルが必要になるのがネックです。

お値段、69,390円。ちょっと高い

これに加え、Windows 10 64bit版で推奨のシステム要件を満たすPCと、
下り5Mbps以上、上り15Mbps以上の速度を確保できるネット通信が必要です。

ざっくり言ってしまえば、スペック高めのPC速度良好なネット環境が必要だということ。
個人で始めるには手痛い初期投資となってしまいますね…

そうなると余計、既に多くの人が所持している「スマホ」で出来るなら
それに越したことはないわけです。

いよいよ本題に入っていきましょう。

アプリを入れるだけ。スマホで始めるVTueber

パペ文字(iPhone Xが必要)

まずは1つ目。パペ文字というアプリを使った方法なのですが、
このパペ文字、iPhone Xのフェイストラッキングを活用した、驚きのアプリになっています。

自分の顔の表情がリアルタイムに反映されていますし、
手も動かしたり、握ったりする動作までも可能となっています。

そのままYouTubeなどでライブ配信も可能で、ボイスチェンジや背景の変更などもOK。
iPhone Xさえ持っていれば、結構なクオリティで撮影から配信までが可能となるわけです。

フェイストラッキング様様ですね。さすがiPhone X。

ホロライブ(iPhone X以外も可)

じゃあiPhone Xじゃないと結局できないのか、と言ったらそうでもありません。
こちらのホロライブでも、なかなかのクオリティで作れるみたいですよ。

うーん、それっぽい。これがスマホで出来るんですから、
やはり技術の進歩は大したものです。

ホロライブでは、キャラクターを4種類から選び背景画像の変更が可能となっています。

キャラクターの少なさと、出来る動きが少ないのが難点ではありますが、
試しにVTuberやってみようかな、という体験や感覚を掴むのにはうってつけのアプリと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

もちろん機器やスキルを持っていたほうが、より高いクオリティで動画を作成することは出来るのですが、
ほぼ大半の方が持っている「スマホ」の「アプリ」でも実現は可能という所まで来ているのは確かです。

敷居が下がって来ているのは間違いないでしょう。
それほどのブームが来ているということでもあります。

ちなみに、今回紹介した「パペ文字」も「ホロライブ」も無料のアプリですよ。
まずは1回、あなたもVTuberになってみるのもアリかもしれませんね笑

それでは。

スポンサーリンク
【無料eBOOK】あなたが何もしなくても、あなたのことが大好きなファンが集まり続けるWavee式集客法

YouTubeをただ動画で稼げるツールだと思っていませんか?

あなたがこれからWEB上で活動していく上で欠かせないファンを育てるツールです。

 

本書は弊社やクライアント様が実際に取り組み

・始めて3ヶ月で動画投稿のみで月間300万再生回数を集めた唯一無二の絶対的手法

・3ヶ月で登録者数1,000人を突破し、6ヶ月で10,000人の登録者を集めた禁断の手法

・登録者がファンとなり、半永久的にあなたの顧客となるLTV(Life Time Value)構築法

 

など、動画マーケティングの効果や、具体的な施策内容を0〜10まで余すことなく詳細に解説しているものです。

ぜひ、あなたのYouTube活動にもご活用ください。

人気記事Top5
おすすめの記事