ふるさと納税で副業が会社にバレる?実は知られていない2つの事実

こんにちは
Wavee編集局です。
 
最近、ふるさと納税のCMをテレビでよく見かけるようになりました。
 
そもそも、ふるさと納税とは
各自治体に納税をすることで、その地元の見返りを貰うシステムなのですが
実は、これを副業として扱うことも可能なのです。
 
でも…
 
アナタの会社は、副業OKですか?
 
おそらく、ほとんどの読者の方は
会社で副業が禁止されていると思います。
 
しかし、そんな中でもふるさと納税を上手く活用して
 
 

そもそも、ふるさと納税とは?

冒頭でさらっと説明をしましたが、改めてふるさと納税とは
 
「ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意! 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。
 
ふるさと納税では控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。」
(引用元:ふるさとチョイス
 
 
つまり、
あなたが好きな自治体に好きなだけ納税をすることで
その納税額に見合ったリターンを自治体から受けられるだけでなく
節税効果もあるという優れもの。
 
近年、テレビCMなどでも頻繁に目にするようになりました。
 
ふるさと納税をすると会社にバレる…?
そもそも、ふるさと納税をすることにより
アナタが副業収入を得ていることが会社にバレるのでしょうか?
 
結論から申し上げると、
「バレる可能性はあります」
 
そもそも、ふるさと納税は
好きな自治体に寄付(納税)した額に応じて、
本業の給与所得分から住民税を決まった額だけ控除(税金額を引く)することができます。
 
この住民税の減額があまりにも度が過ぎると
会社の経理担当の方が年末調整をする際に、その減額度合いに気付くのです。
 
更に、ふるさと納税はアナタの年収額によって納税できる限度額が決まっています。
 
この「年収額」には、副業で得られた収入も入りますので
例えば、年収が400万円かつ、副業収入が年間100万円ある会社員の方は
合計年収500万円としてふるさと納税の限度額が決定されます。
 
 
※厳密に言うと、この場合は年収500万円クラスの限度額とは異なりますが
今回は割愛させていただきます。
 
このような流れで、会社に副業がバレてしまう可能性が高まるのです。
 
 

会社にバレないようにふるさと納税をする方法

では、会社に副業がバレないようにふるさと納税をする方法をお伝えします。
 
それは、
確定申告の際に、住民税を自動徴収ではなく”普通徴収”にすること
 
です。
 
前述もしましたが、
普通は、ふるさと納税は本業の給与所得にかかる住民税に対して一定額の控除をすることができます。
 
あくまでも、「副業での所得にかかる住民税」ではなく
「本業の給与所得にかかる住民税」という点がポイントです。
 
しかし、確定申告をする際の所定の用紙に
「住民税・事業税に関する事項」という部分があります。
 
そこで「自分で納付」という欄にチェックを付けると
副業にかかった住民税に、ふるさと納税分の控除を充てることができます。
 
こうすることで、会社にバレずに副業所得から住民税の控除ができるようになります。
 

注意点

ただし、
ここで注意しなくてはいけないのが
「ふるさと納税による控除額が、副業に対する住民税額を超えてはいけません」
 
例えば
ふるさと納税をたくさんして、控除額が10万円分付いたとします。
 
更に、この年は副業の調子が悪く
副業所得にかかる住民税額が5万円だったとします。
 
この時、ふるさと納税による10万円の控除額が副業にかかる住民税額より多いので
副業分の住民税だけでは控除が及ばず、
本業での給与所得にかかる住民税に対して自動で徴収がされてしまいます。
 
つまり、本業と副業それぞれにかかる住民税額の徴収が会社に通知されますので
ふつうはあり得ない住民税額によって会社に副業の存在がバレる可能性が高まります。
 
ただし、自治体によっては
会社にバレないように副業による所得額や控除額を伏せる自治体もあるそうです。
 
 

オススメのふるさと納税サイト

それでは、実際にふるさと納税をする為に
今回は、オススメのサイトを合わせてご紹介します。
 
 
楽天ふるさと納税
楽天市場でお買い物をするように、納税ができます。
気軽にお買い物感覚でふるさと納税が出来るだけでなく
楽天ポイントも付属するのが嬉しいですね。
 
ふるさとチョイス
掲載数ナンバーワンのサイトです。
全国1,788自治体、18万点以上の名産品を選べます。
 
さとふる
ソフトバンク系列の納税サイトです。
さとふるは、他のサイトよりも見やすい設計になっているので
複雑な納税の仕組みもよく分かります。
 
 

まとめ

ふるさと納税は、地方活性化だけでなく
私たちの自由でクリアな納税を目指した素晴らしい制度です。
 
現在、副業で収入を得ている方は
是非、ふるさと納税で節税をするだけでなく
自治体からのお得な返礼品を貰ってみてはいかが?
 
くれぐれも会社にバレないように上手くやってください!
 
以上
 

関連記事

  1. 知らないと損!会社員の副業に重要な経費に関する3つのこと

お年玉1,000円分を全員に無料配布!

今、話題の暗号資産「Cure」コインを

 

期間限定で1,000円分をもれなくプレゼント!

 

テレビや雑誌などの各種メディアにて

話題沸騰の暗号資産である「Cureコイン」

 

日本のコスプレ文化を世界へ発信するコインが

遂に誕生。

 

今なら、申し込むだけで

1,000円分のCureコインをアナタにプレゼント。

 

受け取るには、コチラまで

 

(※期間限定の為、無くなり次第終了となります。ご了承くださいませ。)