【Windows編】あのYouTuberも使ってる!動画編集ソフト5つを徹底比較

こんにちは!

Waee運営事務局です。

 

このサイトでは

・YouTubeにおいて自分の動画を上位表示させる方法や

・YouTubeに関わる最新情報

 

を全て無料で公開してきましたが

 

YouTubeに動画を投稿していく上で避けては通れないことがあります。

 

それは、

「動画編集」

です。

 

今やスマホのアプリでも手軽に動画編集ができるようになっていますが

やはり、YouTubeで成功しているほとんど大多数の方はパソコンでの動画編集をしています。

 

今回は、

パソコンOSがWindowsの方に向けて

今、有名YouTuberやプロ映像クリエイターが使っている動画編集ソフトを解説・紹介していきます!

 

スポンサーリンク

編集をするなら、Windows?Mac?

 

YouTube動画をするにあたって、まず最初に悩むところ、

それがパソコンのOSです。

 

日本国内だけ見れば、パソコンのOS割合は

デスクトップPCの割合で全体の約86%、と圧倒的にWindowsが多いです。

(参考:マイナビニュース)

 

しかし、動画編集においてはどちらのOSでも問題なく作業できますのでご安心を。

Windows・MacどちらのOSにすべきか、

についてはまた後日紹介したいと思います。

 

では、早速Windows版の動画編集ソフトについて解説していきます!

 

①ウィンドウズムービーメーカー(Windows Movie Maker)

Windowsの純正動画編集ソフトです。

無料で使えるだけでなく、純正の為WindowsPCとの相性が良く、動作も軽いのが特徴。

 

操作自体も簡単で、初学者の方にも1日もあればすぐに慣れます。

 

動画のカット(分割)や、比較的簡単なエフェクト(効果)を付けるくらいなら

断然このソフトがオススメです。

 

ただし、このWindowsムービーメーカーは

Microsoft社が、アップデートを停止しています。

これはつまり、「保証が効かない」ということです。

 

また、Windowsからの配布もありませんので

ここ最近PCを買った!という方のパソコンの中には入っていません。

(昔のWindowsパソコンなら購入時からインストールされています)

 

ですので、今から使用したい、という方については

他のサイトから拾ってくる必要があります。

 

※しかし、保証も終了していますので、他のサイトに落ちているソフトについては

 最悪、ウィルスが入っているかもしれません…。

 

このWaveeでは、Windows専属のスタッフにより

安全なムービーメーカーをドライブ上に保管しておりますので

気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

(※より安全にソフトをダウンロードしたい、という方は、こちらのLINEに【ムービーメーカー希望】とメッセージいただければ

 担当の者がGoogleドライブの共有フォルダURLを差し上げます。)

友だち追加

(参考記事 ※こちらは他サイトからDL)

ムービーメーカー総合評価
メリット:無料&軽い&簡単

デメリット:サポート終了しているのでセキュリティが心配

 

②Filmora

 

中国のワンダーシェア社(Wondershare)が提供しているfilmora

ちなみに、読み方は「フィモーラ」です。

 

正直、映像制作界隈で使用しているクリエイターは少ないと思われるソフトですが

WindowsOSで使用できる有力なソフトの一つです。

 

色々とプランがありますが

Filmora9とFilmora Proという2つが選択肢に入ると思います。

 

2つの違いは、その名の通りFilmora Proの方がより表現の幅が広がり、出来ることが多いというイメージです。

Filmoraは有料ソフトになりますが

他の動画編集ソフトに比べると安価に設定されており

買い切りプランで、Proでも14,000円程度に抑えられます。

無料体験版もありますので、試してみるのもあり。

Filmora総合評価
メリット:有料だが比較的安く、買い切り制度もある

デメリット:使用者が少ないので独学は比較的難

 

③パワーディレクター(Power Director)

WindowsOS専用の動画編集ソフト。

 

ソフト自体は有料で、いくつかバージョンがありますが

12,000~17,000円程で買い切りプランを購入できます。

 

「国内販売シェアNo1」と謳っていますが

正直これを使っているYouTuber(クリエイター)・映像制作者は聞いたことがありません…。

 

おそらく、使用イメージとしては

運動会を撮影して簡易的な動画編集をするお父さん向け

という勝手な印象です。笑

 

まぁ、無料体験版もありますので、試してみるのもあり。

(無料版は動画出力時に隅にロゴが付きます。)

 

パワーディレクター総合評価
メリット:特に無し

デメリット:若干動作が重い、有料(但し買い切り制)、使用者が少ない

 

④AviUtl

こちらもフリーのソフトAviUtl(読み:えーぶいあいゆーてぃーえる)

 

Kenくん という方が開発した20年以上前から存在する動画編集ソフトで

主にニコニコ動画クリエイターに愛されてきた印象を受けます。

 

動作可能OSはWindowsのみで、ソフト自体が軽いので

起動・動作も他編集ソフトに比べるとかなり軽くサクサク動いてくれます。

これならスペックの低いパソコンを利用している方でも楽々扱えます。

 

また、使用している方も多いので

使い方やチュートリアルがネット上にたくさん転がってます。

これなら独学もしやすい。

 

有名なYouTuberでこのAviUtlを使用しているクリエイターは

キャップ投げ野球の考案者で、現在UUUM所属の「わっきゃい」さんです。

 

AviUtlの良い点はそれだけではなく

何といっても「無料とは思えないほどのエフェクトの豊富さ」です。

 

こちらが全てAviUtlにて作られた映像です。

↓こんな動画を作れるほどの優秀なソフトにも関わらず無料で使えるとは素晴らしいソフト。

https://www.youtube.com/watch?v=OmgB5N4E_jI

 

ただ、AviUtlは独特なUIと操作、また環境構築(ソフト導入)が分かりづらく

動画編集初心者は戸惑うことが多く、覚えることも多いです。

(ショートカットキーなど)

 

パソコンの知識が豊富で、動画編集を軽く実践した経験がある方にはオススメできます。

 

AviUtl総合評価
メリット:軽い、無料とは思えない程エフェクトが豊富

デメリット:導入・操作が難しい、古臭いユーザーインターフェース

 

⑤プレミアプロ(Adobe Premiere Pro)

Adobe社が提供しているプレミアプロ

日本のテレビ・映画制作者だけでなく、世界中の映像クリエイターに愛用されている

Windows/Mac両OS対応の世界基準の動画編集ソフトです。

 

使用できるエフェクトや表現方法も多いだけでなく

同社が提供している「Adobe After Effects」や「Illustrator」「Photoshop」との連携も容易にできるので

もはや「作れないものはない」無敵の布陣です。

上記以外にもAdobe社は様々なクリエイティブなソフトを提供していますので

将来的にスキルを付けて、独立・脱サラをしたい。という方は必見です。

(…というか、絶対知っておかないと仕事になりません。Adobeソフトを扱えることを前提とした業務案件もあります。)

 

でも、これって裏を返せば

「Adobeソフトの使い方を知っていれば、独立して仕事できる」

ということなんですよね。これ現実です。

 

使用者も多く、有名YouTuberも数多く利用しているソフトです。

(例:水溜りボンド、瀬戸こうじ、カズチャンネル、等々…)

 

プレミアプロの編集自体は、慣れてしまえば「これ以外使いたくない」状態になりますが

そこまで到達するのは、容易ではありません。

 

私個人の経験から言うと

「仕事として」プレミアプロを毎日独学で使用し続けて、

2~3か月経ってようやく手足のように扱えるようになりました

(なおかつ、AviUtlで”基礎”は分かっている状態)

 

独学とは言え、プレミアプロは表現できる幅がとてつもなく広く

習得するには多大な時間と労力が必要です。

 

「でも、動画編集スキルをどうしても身に着けたい」
「早く今の仕事を辞めて自分のスキルで”独立”したい…」

 

そんなあなたの為に

私たちWavee では、お仕事や学業で忙しくなかなか動画編集の勉強に時間を充てられない方に対しても

少人数制での勉強会を開催しています。

 

もちろん、プレミアプロだけでなく、Photoshop等の他Adobeソフト、AviUtlについても

仕事レベルでしっかりと使うことができるようになります。

 

詳しくは、このwaveeのLINEに【プレミア勉強会希望】

とメッセージしていただければ、担当がご返答致します。

友だち追加

プレミアプロ総合評価
メリット
世界標準のソフトなのでスキルとしてプロの現場で使える

他ソフトとの連携が取りやすく、もはや作れないものは無い

使っている人が多いのでネット上にやり方が沢山掲載されている

OSに依存されないのでMacユーザーも使える

デメリット

月額利用料金が発生し、他のソフトより割高(4,000円~/月)

出来ることが多すぎて初学者には難しい

高いパソコン性能が求められる(特にCPU)

 

 

結論

これまで5つの編集ソフトを紹介してきました。

 

勿論、上記以外にもEDIUSやDavinciといったWindows環境でも使用できる編集ソフトは存在しますが

これから動画編集を始めようとしている方ならば、これらを知っておけば問題はないでしょう。

では、結局どれを選ぶべきなのか…。

 

個人的には、プレミアプロでの動画編集をオススメしますが

結局、編集した動画の使い道や、自分がどんなスキルを身に着けたいか、で選択肢は変わってくると思います。

詳しくはまとめをご覧ください。

 

まとめ

今回はWindows向けの動画編集ソフトをご紹介しました。

 

まだ、ソフトを決められない…

 

という方は以下を参考にしてみてください。

 

それでも迷う方へ
・無料でとりあえず動画編集をやってみたい方

Windows Movie Maker

・あまりお金はかけたくないが、そこそこのクオリティの動画を作りたい方

AviUtl、Filmora

・YouTuberのような動画編集スキルを手に入れたい方

プレミアプロ(Adobe Premiere Pro)

・プロレベルの動画編集スキルを付けて独立・脱サラしたい方

プレミアプロ(Adobe Premieire Pro ,Adobe After Effects)

 

Mac版の動画編集ソフトについては、後日まとめてみたいと思います!

それでは!

 

スポンサーリンク
【無料eBOOK】あなたが何もしなくても、あなたのことが大好きなファンが集まり続けるWavee式集客法

YouTubeをただ動画で稼げるツールだと思っていませんか?

あなたがこれからWEB上で活動していく上で欠かせないファンを育てるツールです。

 

本書は弊社やクライアント様が実際に取り組み

・始めて3ヶ月で動画投稿のみで月間300万再生回数を集めた唯一無二の絶対的手法

・3ヶ月で登録者数1,000人を突破し、6ヶ月で10,000人の登録者を集めた禁断の手法

・登録者がファンとなり、半永久的にあなたの顧客となるLTV(Life Time Value)構築法

 

など、動画マーケティングの効果や、具体的な施策内容を0〜10まで余すことなく詳細に解説しているものです。

ぜひ、あなたのYouTube活動にもご活用ください。

人気記事Top5
おすすめの記事