まだスマホなの?YouTube撮影に最適のカメラ3選を徹底紹介!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは!Wavee運営事務局です。

 

今日は、YouTubeを始める上で必要不可欠となる

 

「カメラ」

 

についてお話していきましょう。

 

・スマホよりも綺麗な映像を撮りたい!

・今のカメラを買い替えたい!

・出来るだけ安価でカメラを手に入れたい!

 

というお悩みをお持ちの方には

オススメの記事ですので是非最後まで御覧ください。

 

スポンサーリンク

まずはどんなカメラが必要か考えましょう

 

一口にカメラと言っても、

 

・スマホ内蔵カメラ

・映画も撮れちゃうプロ仕様シネマカメラ

・空撮用のドローンカメラ

 

など…

 

様々な種類のカメラが、利用用途によって分かれています。

 

まずは、あなたがどのような動画を撮ってYouTubeに投稿するか、を

今一度考えてみることをオススメします。

 

例えば、

友人との旅行や、ドッキリ、商品紹介などの様子を動画としてまとめたい

いわゆる「やってみた」系の動画を投稿してみたい!

 

という方であれば

 

様々な場面でカメラが必要になると考えられるので

必要となるカメラは、何かに特化しているというよりはオールマイティにこなせるカメラが最適でしょう。

 

画質が良いことに越したことはありませんが

このケースの場合は、画質よりも、どんな時でもカメラチャンスを逃さないように

カメラの機動性や軽量性を重視した方が良い映像が撮れます。

 

このケースの場合だと、ターゲットとなる視聴者は

映像画質(クオリティ)ではなく、企画(アイデア)や、あなた自身に魅力を感じて視聴してくれる方々ですので

ファンとなりうる方々が本当に視聴したい映像を撮ることがチャンネルとしての力を伸ばす上では正解でしょう。

 

このように、自分がどんな動画をYouTubeに投稿したいか、で

必要となってくるカメラも変わってきます。

 

必要となるカメラの選択基準を考えてみよう

 

さて、YouTubeに投稿する動画のイメージは出来ましたか?

 

次は、実際に使用するカメラの選択基準を考えてみましょう。

 

カメラは利用用途により、大きく形を変えます。

世の中に星の数ほどあるカメラの中から、本当にアナタに合った物を選ぶ為に

以下のポイントを重視して、この記事ではオススメカメラを紹介していきます。

 

カメラを選ぶ基準
①機動性

②クオリティ

③機能面

④価格

⑤見た目

 

この5つのポイントをもとに、これから紹介するカメラを御覧になり

自分の撮影したい内容と照らし合わせてみてください。

 

1.i-Phone(スマホ)

まずは、スマホカメラの代名詞と言ってもいいi-Phoneです。

 

最近では4K(3840×2160)画質や、120FPSのスローモーション映像

ポートレート写真など

これまで高性能のカメラでないと撮影できなかった映像も撮影できるようになっています。

 

もちろん、i-Phoneでも問題ありませんが

この記事では、スマホ以外のカメラをメインに紹介していきますのでご了承ください。

 

個人的にはサブ機として利用する方が使いやすいと思います。

 

①機動性  

②クオリティ

③機能面

④価格

⑤見た目

2.DJI Osmo Pocket

ドローンで有名な会社である、中国のDJI社が2018年にリリースしたばかりのポケットカメラ

それがOsmo Pocket(オズモ ポケット)です。

 

ドローンメーカーが出したカメラとして

これまで多くのYouTuber/映像クリエイターが使用している、比較的有名なカメラです。

 

水溜りボンドさん、瀬戸弘司さん、福井のカズさんといった有名YouTuberだけでなく

全国CMで流れている、TOYOTAのトヨタイムズ 。

こちらの映像は全てOsmoPocketで撮影されているそうです。

 

https://twitter.com/djijapan/status/1089689644420059136

 

その他にも、テレビ番組では

テレビ朝日系列「バナナマンのドライブスリー」

https://www.tv-asahi.co.jp/banana-drive/

 

など、プロの現場にも愛されているカメラです。

 

このOsmoPocketの素晴らしい点は、

 

・手持ちサイズの116gという軽量性

・3軸メカニカルジンバルにより、手振れ激減効果

・4K60FPSという高クオリティ撮影

 

です。

 

特に、3軸メカニカルジンバルを採用したサイズのカメラは

これまで国内外ではほとんど実例が無く、業界に衝撃を与えたカメラと言っても過言ではないです。

 

スマホでの動画撮影の場合、どうしても気になってしまうのが

手振れ」ですよね。

 

YouTubeにおいて、手振れシーンの多い動画は離脱率が高まる傾向にあります。

それほど、人間が見ていて不快に感じるのが手振れ動画です。

 

OsmoPocketは、機械式(メカニカル)のジンバルがカメラ下部に設置されており

本体を縦・横に動かすと、カメラレンズが自分の位置を自動で維持してくれます。

 

これが、手振れを激減させる効果です。

 

よく、光学式の手振れ補正がかかったカメラ(例:GoPro)と

OsmoPocketが比較されます。

 

光学式の場合は、カメラ内部に手振れを防ぐ機能が備わっており

コンピュータ機能により、手振れを軽減させている一方で

 

OsmoPocketは、機械式ですので

人間の自然に出てしまう手振れに対して、根本から解消するイメージですので

当然、後者の方がスムーズな映像になりやすいです。

 

①機動性

②クオリティ

③機能面

④価格

⑤見た目

3.Panasonic GH-5 (S)/G-99

 

こちらは比較的、画質にこだわりたい!という方向けのカメラです。

 

瀬戸弘司さんや、福井のカズさんも愛用している(していた)カメラで

その他多くのYouTuberや映像クリエイターにも使われている名機です。

 

このようなカメラのタイプを、ミラーレス一眼レフカメラと呼びます。

 

本来は、写真撮影としての利用をメインに設計されているタイプですが

最近の動画ブームにより、動画撮影にも各社力を入れています。

 

その中でも、このGH-5を推す理由は

 

・長時間撮影が可能である

 

という点です。

 

一般的な一眼レフ(ミラーレス)カメラは、ヨーロッパの関税の影響で

動画撮影時間が、29分59秒までと上限設定されています。

 

29分59秒に達すると、自動的に撮影が終了してしまいます。

 

これは、一眼レフ(ミラーレス)カメラがあくまでも写真撮影用途であることも意味しており

例えば、ビデオカメラ(ハンディカム)であれば、このような時間制限はありません。

 

一方、Panasonic 製の一眼(ミラーレス)カメラには、このような時間制限が設けられていないモデルが多くあるので

長時間撮影を必要とするYouTuberや、セミナー動画・商品・事業紹介をする際は

必須の機能となります。

 

これが多くのYouTuberに愛されている理由の一つです。

 

GH-5以外にも、Panasonic G-99にも時間制限が無いのでオススメです。

(G-99はGH-5よりも価格が安いので、是非見てみてください。)

 

 

①機動性

②クオリティ

③機能面

④価格

⑤見た目

カメラを買わずにYouTubeを始めたい…。

これまで、スマホカメラからプロ仕様のカメラまでいくつか紹介してきました。

 

ですが、

 

・出来るだけお金をかけずにYouTubeを始めたい…

・でもスマホでの画質はちょっと不満…

 

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私たちWavee出身のYouTuberの一部では

 

撮影機材を一切持たずに、動画投稿を開始し

2か月で42万円もの収益を叩きだしたクリエイターもいます。

 

これまでにカメラについてまとめてきましたが

実は、カメラ等の撮影機材を持たずしてもYouTuberになり、収益を出すことは可能です。

 

ですが、こちらの方法は初学者にとっては

少し難しい内容となっておりますので、あまりオススメしません…。

 

どうしても知りたい!という方については

友だち追加

こちらのLINEに、「機材なしのYouTube」とメッセージ頂ければ

担当の者が返信させていただきます。

 

まぁ、できることならば低コストで始めたい方が多いですよね。

最初はお金をかけずに、収益が見込める段階になったら

カメラなどの機材を買い足す、という方もいました。

 

どちらにするかは、お任せいたします。

 

まとめ

 

YouTubeを始めるにあたって、必要不可欠なものは何といってもカメラですね。

 

ですが、カメラの購入を検討される前に

自分がどのような映像を撮影したいのか、そして自分のファンはどのような映像を期待しているのか

 

といった本質部分を改めて考えることをオススメします。

 

ご自身の事業を紹介したい方も、顧客のニーズを再考することで

YouTube動画を集客ツールとして上手く活用できます。

 

もし、YouTubeで集客をしてみたい!

 

という方がいらっしゃったら、こちらのLINEまで「YouTube集客希望」とメッセージしてみてください。

友だち追加

私たちWaveeがYouTube上で集客してきたノウハウを直接アナタにお伝えします。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
【無料eBOOK】これからの時代を個人が生き抜くデジタルメディア戦略

YouTubeをただ動画で稼げるツールだと思っていませんか?

あなたがこれからWEB上で活動していく上で欠かせないファンを育てるツールです。

 

本書は弊社やクライアント様が実際に取り組み

・始めて3ヶ月で動画投稿のみで月間300万再生回数を集めた唯一無二の絶対的手法

・3ヶ月で登録者数1,000人を突破し、6ヶ月で10,000人の登録者を集めた禁断の手法

・登録者がファンとなり、半永久的にあなたの顧客となるLTV(Life Time Value)構築法

 

など、動画マーケティングの効果や、具体的な施策内容を0〜10まで余すことなく詳細に解説しているものです。

ぜひ、あなたのYouTube活動にもご活用ください。

おすすめの記事